関西エアポートオペレーションサービス株式会社

     

先輩の声

先輩_関空消防

エアフィールドオペレーション部
関空消防

2017年入社

1日の仕事の流れを教えてください。

勤務開始者と勤務終了者が出動や業務の申し送りを行い、その後整列し消防車両の担当引継ぎを行います。引継ぎ終了後は車両や資器材、無線の点検を行い、災害発生時に使用できるよう万全を期することが重要になります。
午後は各種事案を想定した訓練を行います。現場での活動は、隊員同士の連携が重要になるので繰り返し訓練を行いチームワーク向上に努めています。
夜間は、24時間空港として夜間訓練や自主訓練に励んでいます。

仕事のやりがいは?楽しいところは?

人命救助という重要な役割を任されていることです。
現在、救難救助隊員として勤務していますが事案発生時には最前線で救助活動をすることとなります。危険が伴いますが「必ず助ける!」という使命感を持ち、日々の訓練に取り組み、そこで得た技術や知識が後日の訓練や出動に活きてくるとやりがいを感じます。

当社で働くメリット、当社で働くことでしか得られないものは?

関西を代表する国際空港で、空港消防の一員として空港の安心、安全を守るという責任感や誇りを持って仕事ができます。また、先輩後輩隊員と一緒に厳しい訓練で汗を流し、訓練後には食を囲み、休憩時間にはたわいもない話で笑いあい、24時間共に生活しているので、仲間という枠を超え、家族のような関係を築けることです。

職場の雰囲気はどのような感じですか?

24時間勤務で寝食を共にするため、家族のような存在となり、アットホームな雰囲気です。
人命に関わる仕事なので出動時は緊張感があり、訓練時は厳しい指導を受けることもあります。しかし、休憩時間には皆和気あいあいとしていて賑やかな職場です。
隊員同士切磋琢磨し、互いに高め合う向上心があふれています。24時間体制で勤務しているのでメリハリをつけて業務に取り組んでいます。

思い出に残っている仕事例はありますか?

空港用化学消防車の側乗員として初出動した日、その日だけで1日に4件の出動要請がありました。空港消防では1日に4件の出動要請があるのは珍しく、また、初出動ということで少し慌てふためいたのを鮮明に記憶しています。緊急着陸する航空機の後方を追尾する事案でしたが、航空機も無事着陸し大きな事故に繋がらなかったので安心したのを覚えています。
また、建物火災等による出動もあり、緊急走行で現場まで向かうなどとても貴重な経験を積むことができました。